BLOG

鎌倉の整体院 琴音では、長い間腰痛で悩んでおられる方の相談にのります。

2018/11/04

鎌倉の整体院 琴音では、腰痛のお悩みの相談にのります。

先日配ったチラシから問合せがありました。

奥様のずっと続く痛みについてのお問合せでした。

奥様は、4年前に圧迫骨折をして手術したにも拘らず、今も痛みに苦しんでおられると言うことです。

手術後4年経った今も、執刀医の検診があるそうですが、検診では奥様の傷を観る事もなく、少しの会話で済まさせれことに憤りを訴えておれてるのを感じました。

分業が進んだ現在の病院では、手術後はリハビリに回して理学療法士と本人に頑張ってもらうというのが、今の大きい病院の姿なのです。

手術は体に大きな負担をかけます。身体にメスを入れることで後遺症が出て、かえって辛くなることが多いのです。

ご主人は4年前からずっと奥様の背中や腰をさすり、家事をこなす毎日だそうです。

どうにかしてあげたい・・・けれど、骨折と手術が改善への道を思うように進ませてくれないことが多々あります。

ご主人の愛を強く感じると共に、日本の医療の現実を垣間見、私がこれからすべき事が、より明確になってきました。

より多くの方に、徒手で良くなることがどんなに安全で身体に負担がないかを知ってもらえるよう、発信していかなければと身にしみた一日になりました。

整体院 琴音 uchiumi