BLOG

腰痛専門整体院 琴音は、ボランティアで宮城に行ってきました。

2018/12/06

腰痛専門整体院 琴音は、ボランティアで宮城に行ってきました。

南三陸に漁業のお手伝いに行ってきました。

 

1日目は、ホヤの赤ちゃんがついている貝殻を等間隔でロープに取り付けていく作業でした。

 

2日目は、北海道から届いたホタテの貝殻のすみに穴を開けて、その穴にプラスチックの針状のものを通していく作業でした。

 

同じ姿勢で2時間くらい作業すると休憩します。指先を使うので、腕・首・肩にくる作業だなと感じました。

 

お昼休みにご主人とお話しをしていて、腰痛もあるけど今は何もしていないとおっしゃっていました。

 

ちょっとお身体を触らせていただいて、手や背中など固まっているところを少し緩めさせていただきました。

 

今回、私がお会いした方々は、皆さん明るく元気な方たちばかりでしたが、宿泊させていただいたカリタス南三陸ベースの方に、震災当時の様子や今までの取り組みなどのお話をお聞きすると、被災者の方たちは最初は「ボランティアに何が出来る?」と打ち解けてくれなかったそうです。

 

でも、来る日も来る日も作業を続ける中で、気持ちが伝わった瞬間があったんでしょうね。

 

心と心が通じ合うって・・・”じわ〜”とくるものがありますね。

 

生活に追われていると、忘れてしまいがちな大切なものを思い出させてもらえた気がします。

 

今日はこんなお話でした。