BLOG

秋の味覚「栗」と失敗談

2020/09/27

めっきり寒くなりましたね。

この間までの夏の暑さが嘘のようです。

買い物に行ったら栗を見つけました。

”秋だわ〜”と思いつつ、マロングラッセが
頭に浮かんで、「よし!作ろう」と初挑戦になりました。

鬼皮は硬くてタコが出来そうなくらいでした。
やっと終わったと思ったら、
渋皮の上の薄皮というのを取り除くのがもっと大変でした。

何度も水を変えて・・・の繰り返し作業です。
そしていよいよ味付けです。

私のイメージでは洋酒が効いていてねっとりしている
マロングラッセでしたが、二度煮て味見してみると全然違くて、
う〜んこれは全然味が足らない・・・

そこから再度二度味を足して煮ました。
それでも甘さ控え目なマロングラッセでしたので、
市販の物は相当なお砂糖が入っていると思われます。

今回もそうでしたが、初めてのチャレンジというものは
失敗が付き物ですよね。

ここで報告させてもらいますが、
”バジル酵母”も失敗に終わりましたcrying

そして、以前のお話で生ゴミ処理器購入のお話をしましたが、
こちらもいろいろありました。

二週間程は、調子良く微生物が活動しているようでしたので、
スイカの皮やなんやらとバクバク入れていました。

そうしたら、だんだんハンドルが重くなりサラサラだった
チップ材が泥のようになっていて臭ってきたではありませんか!frown

取説をよ〜く読み返してみると、スイカの皮や水分を多く含む
ものは適さない。と書いてありました。

調子に乗って入れ過ぎていたのです。

野菜クズは火を入れて水分を取った方が良いとも
書いてありました。

地球環境の為にゴミを減らす➕家庭菜園ガーデニング用の
堆肥を作る目的で始めましたが、手間がかかっっています。

いろいろ調べて時間をかけて選択した商品でしたが、
反省点も出てきました。

こんな事がいろいろ起こりますが、以前なら”失敗〜”と
後悔したり落ち込んだりしましたが、
最近はマイナスに事が運んでしまっても、

”その事には何か意味がある”
と考えられるようになりました。

”失敗は成功の元”と言われていますからね!

起こってしまった事はもう元には戻せませんから、
その事でクヨクヨしていても何も始まりませんからね!

”プラスになるまで諦めずにやる事に意味がある”
と教わりました。

チャレンジはどうも好きなようです。

これからもチャレンジと失敗を報告させて頂きますsmiley