BLOG

今月の訪問 〜両親の笑顔〜

2020/10/12

今月も両親の所へ行ってきました。
今回のプチイベントは絵を描いてもらう事でした。

最近の会話で父が「昔は絵を描いていた」と聞いて・・・
「ん〜〜? 見た事ないし・・・」

元々父の趣味は盆栽で、毎日ハサミでパチパチと
松の枝を整えて針金をかけて・・・がいつもの光景でした。

以前の旅行で、焼き物体験を両親と私達夫婦4人でしたのですが、
父が一番褒められていましたね。(器用で丁寧なんですよね!)

その時も二人共楽しそうに作業していたので、
今回もやってもらおうと計画しました。

何度か訪問を繰り返す中で、夫婦のコミュニケーションが
普段はないんだろうな〜と感じたのもきっかけです。

長年連れ添って、毎日がマンネリ化して会話も少なくなって
くるといけないと思い、二人共通の話題作りが大事ではないか?
と考えました。

実を言うと、本当は母の手先を動かせる為に、
最初は塗り絵はどうかな?と考えたのですが
私がやっていた、筆文字アートの教材が揃っていたので
取り敢えず持って行ったわけです。

二人共真剣に取り組んでくれました!
写真の笑顔を見て、「やって良かった〜」と感じて
次回は絵の具を持って行こうかなと計画中です。

前々回の餃子作りも楽しそうにやっていたのを思い出し、
(この時は父は参加しませんでしたが、やらせたら多分上手に包むでしょう)

二人一緒にやる事が大事で、その時の気持ちを共有できる事が
その後の会話にも繋がると期待しています。

母の認知症予防に何かできる事はないか?
と始めた月一訪問ですが、妹達も加わったりして
各家族の問題も出てきたりします。

「今出来る事を一緒に考えて解決していく」
みんなが気持ちが一つになって、問題に取り組む事が
人の成長に深く関わっていると感じています。

元気で長生きしてもらう為に、行動し気持ちを伝える事を
これからも続けていきます。