BLOG

呼吸の深さで血液が循環される・・・深〜い呼吸してますか?

2019/01/10

呼吸の深さで血液が循環される・・・深〜い呼吸してますか?

以前にも呼吸について書いたのですが、

今日はもう少し詳しく話していきますね。

 

生まれた時から、意識せずにしている呼吸ですが、

浅いと深いとでは全然違うのです。

 

例えば思い返してみてください、

追い詰められた時や焦っている時・・・

普段より呼吸が荒く浅くなっていませんか?

 

浅い呼吸というのは、息の吸い込みが少なく

すぐに吐いてしまうということです。

 

これは深い呼吸とどう違うかと言いますと、

酸素を十分に身体に取り込めていないことになります。

 

胸に十分に取り込めていると、内臓や横隔膜まで

届いて刺激してくれます。

 

そして吐くことで、血液が循環し、脳に酸素が送られるのです。

脳に酸素が供給されると、何が良いかというと、

判断力が増強されます。

 

瞬時の判断で、素早く脳から指令を送れるようになるのです。

 

呼吸を意識することで、判断力がアップし、

内臓や筋肉にも良い影響があるなんて、

深い呼吸を意識した方がいいに決まりですね。

 

でも、ずーっと呼吸を意識し続けることは難しいですよね。

そこで、一日のうち2•3分でいいので、

深呼吸をすることから始めましょう。

 

この時間は、他の事は考えずに、

呼吸だけに意識を向けて・・・

 

これだけでも、頭がスッキリした感じが分かると思います。

 

毎日続ける事で、気持ちが落ち着いてきて、

焦らなくなったり、思考力もアップしてきます。

 

まだ1月が始まったばかりです。

今年の目標がまだ決まっていない方は、

是非今年の目標にしていただいて、

今年一年が自分の心と向き合える年に

していただけたら嬉しいです。