BLOG

『食べ物』が不健康を起こす理由とは?

2019/08/27

こんにちは!
整体院 琴音kotoneの健康情報便りです

今回のテーマは・・・

『食べ物』が不健康を起こす理由とは?

いきなりですが、人間の体は何でできているでしょうか?

それは『食べ物』です。 人の体は自分が口にしたものでできています。

では、もう一つ質問です。 「食べ物を気にしていますか?」

毎日の積み重ねが今の体を作っている訳ですから、食べ物は本当に重要です。 では、どのような事を気をつけなければいけないか?

         基本的な3つのお話をさせていただきます!

食生活のポイント

1、食べ過ぎない

現代病、生活習慣病と言われるもののほとんどが 食べ過ぎからきています。栄養の取り過ぎなんです。 食べる量を減らすだけでも大概の病気は防げます。 『飽食(飽きる程お腹いっぱい食べる)』こそが不健康の道です。 腹8分目1日2食が健康だと言われています。 「1日3食」がいいと誰が言いだしたのでしょうか?

最近話題になっている「ファスティング」はご存知ですか?

横文字にしていますが、「断食」の事です。

本を読んでいると、難病で医者から匙を投げられた方々が、調べて調べて行き着く先は、断食のようです。

味と満腹感を満たす食事は危険です。

2、良いものを食べる

決して高い物ではありません。質の良いものです。

ただ、今のスーパーやコンビニなどに並んでいるものを見分けるのも大変ですよね。

私が気をつけている事は、加工食品は買わないようにしています。

なるべく素材がわかるもの、それでも野菜やフルーツなどの農薬を気にしたりすると、きりがない気がします。

それでも、病気にならない為には、自分で身を守るしかないですね。安全なものを身体に取り入れようとすると、お値段が高かったりします。身体に良くないものが大量に出回っていることが、大きな問題だと思います。(防腐剤・着色料など)

なるべく野菜も無農薬の物、国産の物、地元農家さんの物が良いですね。
加工品の添加物には特に気をつけなければいけません。

3、悪いものを入れない

これがとても大切です。 まずは添加物を減らすこと。 加工食品の裏を見て頂ければ分かると思いますが、たくさんの添加物が入っています。実は添加物は、1種類なら安全と言われていますが、日本は規制がゆるいです。つまり安全性は保障されていません。あなたの身体で絶賛人体実験中なんです。

 特に3悪商品「漬物」「明太子」「練り物」は大量の添加物が含まれています。 あなたが普段食べているものは安全ですか?

具合が悪くなって、病院に行って薬薬薬・・・・悪循環極まりないです。(薬の量が多過ぎで、問診の時にどうにかならないのかといつも思います)

無添加やオーガニック、手作りの『本物』の食べ物を口にすることで予防するしかないのです。

これを機に、食を見直すきっかけになって貰えたら嬉しいです。

自分で自分の身体を守っていきましょう。

次回の『健康に欠かす事のできない3つの大切な事』の最終回は 『睡眠』についてです!

ぜひ楽しみにしていくださいね!