BLOG

たまにはジャムの立場で考える?!

2020/07/17

この赤い茎は何だか分かりますか?

知らない方が多いと思いますが、ルバーブといってシベリアの寒い地方が原産の植物です。

見た目はフキに似ています。

フキのように大きな葉がついていますが、ルバーブの葉には毒性があるため食べられないそうです。

 

私のルバーブとの初めての出会いは、何年前になるかしら?カルディーでのルバーブジャムでした。

”身体に良い”というイメージと珍しいという感じで購入したと思います。

茎に酸味があって美味しいジャムになるとは知りませんでした。

しかも葉は毒があるという事も・・・(怖!)

果実のジャムが多いですからね〜

 

茎には繊維質が豊富で、ビタミンCやカリウムやカルシウムも多いため、お通じを良くし肌の調子を整える効果もあるそうです。

茎を生で食べるとセロリに似た食感なのに、加熱すると溶けるという性質にもビックリです!

 

実はルバーブの苗を見つけてセロリと一緒に植えたのですが、なかなか育ってくれません。セロリは元気なのですが・・・

ジャムになってくれるのはいつになることやら・・・

ジャムになりたくないのかなぁ〜?

 

話は現実に戻りますが、最近は相手の立場を考える意識をしています。

相手と言っても人だけではなく、植物に話しかけ、使っている物に感謝したりしています。

 

「あなたの存在を認めています」「大事に想っています」という事です。心の中で想うだけではなく声に出した方が良いですね。

 

なんと”口を動かす”・”声を出す”も筋トレと同じなんですね〜

表情筋や声帯も身体の筋肉とつながっています。

 

お顔のリフトアップにも効果的ということになります。

一人でも声を出す習慣、是非あなたもトライしてみてください!