BLOG

「グルテン」を考える

2020/08/26

少しでも身体に良いパンが作れるまでには
まだまだ先は永いです。

今回は全粒粉で作りましたが、
次回はライ麦パンをサワー種を作ろうと、今注文中です。

ところで、ライ麦パンと小麦のパンと何が違うのでしょう?

小麦には「グルテニン」と「グリアジン」という2種類のたんぱく質
が存在していますが、ライ麦にはほぼ「グリアジン」しか存在しない
という事なのです。

小麦にある「グルテニン」が皆さんが良く耳にする「グルテン」のことです。
なぜ「グルテン」が良くないのかが知りたいですよね!

そもそも「グルテン」は人の消化酵素で完全に分解されにくく、
分解途中の物質が炎症を引き起こして
消化吸収機能の障害をもたらす可能性があるそうなのです。

よく”小麦アレルギー”も聞きますよね。
こういった方は、身体にすぐ反応が出るので分かりやすいのです。

では、小麦アレルギーではなかったら食べても大丈夫?
なのでしょうか?

よく考えてみてください。カレーやクリームシチュー・グラタンなど
”トロ〜”としてますよね。

あの”トロ〜”が身体の中に溜まって炎症を引き起こす原因になる
という事なのです。

何か体調がすぐれないなと感じた方は、パンを一時でも辞めてみる
のもありだと思います。

自分で体感するのが一番です。
結局自分の判断で行動する訳ですから「何を優先するか?」
が大事です!!

”健康を優先するか?” ”満足感を優先するか?”

芸能人のGACKTさんはパンは食べないとおっしゃっていました。
あの方はストイックですからね。

自分によ〜く問いかけてみて下さい。
「どういう自分になりたいのか?」
「その為に何を優先するのか?」

自分が答えを持っていますよ〜smiley

後、バランスが大事です!
食事全体のバランスです。
そこもチェックして下さいね!

バランスのお話はまたお話ししますね!