BLOG

【立ち上がる時の痛み】

2019/04/30

【立ち上がる時の痛み】

 

”前回は立つと腰が痛い”でしたが、
今日は、”立つ時に腰が痛い”と言うことで、
動きのある動作の途中で起こる腰痛は、
原因の筋肉が比較的見つけやすいです。

 

動いている時に使われる筋肉を特定して、
検査をしてみると、見つかるのですが、
今回の立ち上がる動作では、顔が前に出て
上半身が斜めになり上に上がって立ち上がります。

 

見るべきポイントは、顔の角度です。
首の後ろが伸びた時に痛みが出る方は、
今回のテニスボールを使ったセルフケアを
是非試してみて下さい。

 

首から肩、背中〜腰と筋肉が引っ張られて
痛みを出していますので、硬くなりやすい
肩の部分にテニスボールをあて、壁に押し付けて
首を動かしたり、肩を回したりして下さい。

 

1分程動かした後、立ち上がってみて、
腰の痛みが少しでも軽減していたら、
毎日続けていただくことで、段々と軽減してくるはずです。

 

効果が現れれば、自分のセルフケアにも
自信が付いてきます。

 

自分の身体を知ることで、悩む時間も減りますよ。
是非お試しください。

 

痛みでお困りでしたら、是非ご連絡お待ちしております。

ブログ・HPはこちらをご覧下さい!
↓↓↓
鎌倉の【慢性腰痛専門】整体院 琴音 〜kotone〜
https://kotone-youtuu.com/

<関連動画>


https://www.youtube.com/watch?v=iXYJaNtcKaY&t=2s
https://www.youtube.com/watch?v=c7r_qDgneZw&t=11s